Sébastien Carré  / セバスチャン・カレ

Contemporary jewelry has become for me a means of expression but also of meditation on myself and what surrounds me.
The choice to use textile techniques comes just as much from my personal history (Crohn’s disease) and allows me to work in all conditions; but it also creates a bond with several women in my family who taught me these techniques in my childhood. So I see this as an integral part of my identity.
Vegetation, Animal, and Mineral are all combined in objects reminiscent of organic
forms and landscapes. Mixing materials in order to create a symbolic life in an object by using interactive mediums allows me to wake up a body which tends to be more insensitive due to an over-communicativity of society.
Celebrating diversity will make us grow. In the history of the living, if the cells had not cooperated instead of trying to destroy each other, life would never have produced man. Let us cherish diversity, being together is already a treasure.

CARRE-Sebastien-PhotoIdentite-Milo-Lee-P

コンテンポラリージュエリーは私にとって表現の手段になりましたが、自分自身と私を取り巻くものについての瞑想の手段にもなりました。

テキスタイル技術を使用するという選択は、私の個人的な歴史(クローン病)から来ており、あらゆる状況で私が働くことが許されます。

しかし、それはまた、私の子供時代にこれらのテクニックを教えてくれた私の家族の何人かの女性との絆を生み出します。

なので、これは私のアイデンティティの不可欠な部分だと思っています。

植物、動物、そして鉱物を全て作品の中で組み合わせることで、本質的なものや風景を思い起こさせます。

相互に影響し合う媒体を使ってオブジェクトに象徴的な生命を作り出すために素材を混ぜることで、社会の過剰なコミュニケーションのために鈍感になりがちな身体を目覚めさせることができます。

多様性を祝うことは私たちを成長させるでしょう。

もし、生きている歴史の中で、細胞が互いに破壊しようとする代わりに協力していなかったなら、人間が生み出されることはなかってでしょう。

多様性を大切にしましょう。一緒にいることはすでに宝物です。

  • Sébastien Carré
  • Sébastien Carré
 
 

Bio

Sébastien Carré is a French contemporary jewelry artist, he lives and works in Strasbourg. After obtaining his higher diploma in arts at the prestigious HEAR, the Higher School of Decorative Arts in Strasbourg, he accumulated numerous prizes and distinctions.
In 2015, he was one of the winners of the “Prix de la jeune création” by Ateliers d’Art de France, the Gioielli in Fermento prize and a double prize at the Legacy Award organized by Alliages gallery (Jury Prize + public). In 2016, he was also awarded the Rhènane Academy Prize for the Arts and finished in 2nd place in the Enjoia’t Prize (Contemporary Jewelry Prize in Barcelona)
Since 2015 he has also taken on the role of exhibition curator “Transmission” / “Materio-Talk” / “LIÉ.E.S”
Sébastien Carré has exhibited in more than 100 exhibitions, in museums, galleries, schools or associations; in Europe, the United States & Asia. His work can be found in public collections (Museum Volkenkunde - Leiden - Netherlands / Espace Solidor - Cagnes sur Mer - France / Torre Fornello collection - Italy) and in private collection around the globe.

セバスチャン・カレはフランスのコンテンポラリー ジュエリー アーチィストです。彼はストラスブールに住み、働いています。

ストラスブールの名門HEAR、高等装飾美術学校で芸術の高等卒業証書を取得した後、彼は数々の賞と栄誉を獲得しました。
2015年、彼はAteliers d'Art de Franceによる”Prixdelajeunecréation"、Gioielli in Fermento賞、Alliagesギャラリーが主催するレガシーアワードの2つの賞(審査員賞+一般)の受賞者の1人でした。 2016年には、レナンアカデミー芸術賞も受賞し、Enjoia't コンテンポラリージュエリーアワード (バルセロナのジュエリーウィーク)で2位になりました。
2015年より展覧会キュレーターとして“Transmission” / “Materio-Talk” / “LIÉ.E.S”を歴任。
セバスチャン・カレは、美術館、ギャラリー、学校、協会など、100を超える展示会に出展しています。

ヨーロッパ、アメリカ、アジアで。彼の作品は、パブリックコレクション(Museum Volkenkunde - ライデン, オランダ / Espace Solidor - カーニュ=シュル=メール, フランス / Torre Fornello collection - イタリア) および世界中のプライベートコレクションで見つけることができます。