Omar Torres / オマール・トーレス

 

The work of Omar Torres is built around our emotions, nourished by the daily feeling of our existence and the tireless search to find an emotional balance. Through the exertion of total control in his installations, the objects function as a synthesis of the human being.
Through objects Torres represents situations of resistance and tolerance in life. The elements within the frame depend on each other to coexist in a space. The constant use of transparency within the objects serves to convey the idea of the body as a transparent element with nothing to hide or disguise; pain is heavy, tension tiresome and balance draining.
The relationship and dependence between the elements in his images remind us of the emotional ties and links we have with other people. With just a few elements, Torres builds and represents the optimal state; this being a delicate balance, beautiful for its impermanence.

unnamed.jpeg

オマール・トーレスの作品は私たちの感情を中心に構築されており、私たちの実在する日々の感覚と感情的なバランスを見つけるための弛まぬ探究によって養われています。

彼がインスタレーションを完全にコントロールしていることでオブジェクトは人間の統合として機能します。

オブジェクトを通して、トーレスは人生における抵抗と我慢の状況を表しています。

フレーム内の要素は、空間内で共存するために相互に依存しています。オブジェクト内での透明性の絶え間ない使用は、隠したり偽装するものが何もない透明な要素としての身体の概念を伝えるのに役立ちます。痛みはキツく、緊張は厄介で、バランスは崩れる。

彼のイメージにある要素間の関係と依存性は、感情的なつながりと他人との絆を私たちに思い出させます。トーレスは、ほんの少しの要素で絶妙なバランスとその無常性の美しさを築き上げ、最適な状態を表現しているのです。

  • Omar Torres
 

Bio

Mexico 1977.

Lives and works in CDMX.

Omar Torres began his artistic career in 1995 and was awarded the National Youth Art Encounter of Mexico on two occasions XV (1996) and XVlll (1998).

His first individual exhibition was held in 2004 with Printz Gallery in Kyoto ensuing more than 11 individual shows with Ricardo Reyes Contemporary Art, namely La Torre y Sus 4 Puntos Cardinales (2016) and most recently Ensayos del Colapso(2019).

With more than 50 collective exhibitions ranging from Galería Nina Menocal (2011), Jumex Museum (2017), National Museum of San Carlos (2018), Museum of Art of Sinaloa (2018), Museum of the Chancellery (2017), World Bank Offices (2012) among others, to national and international art fairs such as Maco Foto (2015, 2016 and 2017), Hot Art in Basel Switzerland (2009), Context Miami (2012), Expo Chicago (2016), GIGE Beijing (2008) and Kung Star Bolzano, Italy (2007).

Aside from his personal work as a visual artists, he was also the founder of two cultural spaces in Mexico City by the name of Central Art Projects 2011­ 2013 and Sismo Arte Contemporáneo 2016­ 2017. Torres' work has also been recognized by the United Nations Organization in 2004, The World Bank Art Program with the About Change project in 2012 and most recently, the Mainichi Newspaper Price in 2018.

1977年メキシコ生まれ

メキシコシティに住み、働いています。
オマール・トーレスは1995年に彼の芸術的キャリアを始めました
XV(1996)とXVlll(1998)の2回、National Youth Art Encounter of Mexicoを受賞しました。

彼の最初の個展は2004年に京都のギャラリープリンツで開催され、リカルド・レイエス・コンテンポラリーアートによる11以上の個展が開催されました。
即ち、La Torre y Sus 4 Puntos Cardinales(2016)と最近ではEnsayos del Colapso(2019)です。

ニーナ・メノカル ギャラリー(2011)、ジュメックス博物館(2017)、サンカルロス国立博物館(2018)、シナロア美術館(2018)、カンシレリア美術館(2017)、世界銀行オフィス(2012)などの50を超える集合展があります。とりわけ、マコ フォト(2015、2016、2017)、Hot Art in Basel -スイス(2009)、Context Miami (2012)、Expo Chicago(2016)、GIGE Bejing - 中国(2008)、KungStar Bolzano - イタリア(2007)などの国内および国際的なアートフェア。

ビジュアルアーティストとしての個人的な作品の他に、彼はセントラルアートプロジェクト(2011、2013)とシスモコンテンポラリーアート(2016、2017)という名前でメキシコシティの2つの文化空間の創設者でもありました。

トーレスの作品は、2004年に国連機関によっても認められました。

2012年のAbout Changeプロジェクトによる世界銀行アートプログラム。最近では2018年にMainichi Newspaper Price