Maria Cristina Bellucci / マリア・クリスティーナ・ベルッチ

The material is very important and it is my starting point. The material attracts and fascinates me, it’s an emotional and sensorial approach rather than rational.
I surrender to interact with material, my initial idea is only one track, the material suggests me driving to an unknown result and therefore fascinating.
I'm interested in the surface created by coloured pencils fitted together becoming like a piece of wood.
Coloured pencils cut into section are the main element of my latest work.
I’m interested to challenge the concept of everyday object, by taking the object away from its context, deconstructing it and transforming it into a piece of jewellery, so it gains a whole new meaning.

cri.jpg

素材はとても重要であり、それが私の出発点です。

素材は私を惹きつけ魅了します。それは理論的と言うよりかなり感情的で感覚的なアプローチです。

素材との対話に身を任せ、最初のアイデアはただの通り道でしかなく、素材は私に未知なる結果と魅力に従うことを提案します。

私は、色鉛筆の束を一体化させてひとつの木のオブジェクト(物体)のようになる表面に好奇心を掻き立てられます。カットした断面の色鉛筆は、私の最新作の主な要素です。

オブジェクトを本来、あるべき場所から取り出し、解体してジュエリーに変身させることで、まったく新しい意味を与えます。

  • Maria Cristina Bellucci
  • Maria Cristina Bellucci
 
 

Bio

Maria Cristina Bellucci

born in 1964

lives and works in Rome from 1988

I graduated at the Academy of Fine Arts in Rome, 

followed by a Goldsmith’s Course at San Giacomo School of Ornamental Arts in Rome.

For several years I worked as Theatre costumes and accessories maker, creating also a wide range of  jewellery for stage use.

I developed a strong interest for contemporary jewellery and I dedicated myself to it.

In 2007 I joined a workshop in Microflaming, runned by Giovanni Corvaja at the Academy Le Arti Orafe  in Lucca. In 2008 I joined an intensive course at the Alchimia, contemporary jewellery school in Florence.

I took part to several Jewellery Fairs and exhibitions, both in Italy and abroad.

My jewellery are in the Collections: Drutt Collection of Modern Jewellery (USA), Cominelli Foundation (Italy), Alice and Louis Koch Collection of rings in the Swiss National Museum, Zurich (Swiss), Olnick Spanu Collection (USA).

マリア・クリスティーナ・ベルッチ

1964年生まれ

1988年からイタリア・ローマに住み、働いています

 

クリスティーナは、ローマのファイン・アーツ・アカデミーを卒業した後、サンジャコモ通りにある装飾芸術学校で金細工職人のコースに進みました。それから数年間、劇場の衣装やアクセサリーの製作者として働き、舞台用のさまざまなジュエリーを作成しました。彼女は、そのような環境に身を置くうちにコンテンポラリー ジュエリーに強い関心を持つようになり、専念するようになりました。

2007年、トスカーナ州・ルッカにてGiovanni Corvaja氏によって設立されたアカデミーLe Arti Orafeのワークショップ”Micro flaming”に参加。

2008年、フィレンツェにあるアルキミアコンテンポラリージュエリースクールの集中コースに参加。

彼女は、イタリアと海外の両方で、いくつかの国際的なジュエリーフェアや展示会に参加しています。

コレクション:Drutt Collection of Modern Jewellery(USA)、Cominelli Foundation(Italy)、Alice and Louis Koch Collection of ring in the Swiss National Museum、Zurich(Swiss)、Olnick Spanu Collection(USA)