Helga Mogensen / ヘルガ・モーゲンセン

For me making jewellery is like working with a canvas, I am drawn to making flat surfaces that become a part of the body but I am also curious about the possibility of the pieces being displayed, even as wall pieces. My ideas are often linked in with a piece of paper, sketching is a whole different universe with drawings and texts that join the made pieces subconsciously. Ideas can often come up like photographs in my mind, and I feel my purpose is often to capture these photographs and make them into something tangible, basically to process the energy received into materials.

 

The driftwood is found up north in Iceland. I go there with my family every summer and wonder around the beaches often in a meditative state of just merging with nature. The magic behind my materials is quite amazing as driftwood is not really coming to Iceland any longer but the small pieces I use show up. It's actually a big trust process towards the universe, not knowing what kind of materials are waiting for me at the beach each time I go there. Sometimes I actually wonder if I found the driftwood or if its vice versa and the wood actually found me. The latter sounds more romantic anyway but the material connects me directly with the amazing force of nature that the ocean is, the power of the wave and the mystery behind this water that covers 70% of the earth.

 

I once heard someone say: "The work most personal to the individual artist, tends to be the work that people will learn to appreciate the most." These words really stuck with me and lead me to belief that in order to create something, people have to have passion and belief in the things they are doing or making. Therefore my work portraits a bit of myself: it mirrors actions, behaviour, people, places, nature and feelings. It really does not make sense to be making something if I don't have interest or passion in what I am doing.

Artist portrait.jpg

私にとってジュエリーを作ることは、キャンバスを使って作業するようなものです。自分の制作した作品が身体の一部となることにも惹かれますが、壁面作品として展示される可能性にも好奇心が掻き立てられます。
私のアイデアは度々、一枚の紙と結びついています。スケッチは、ドローイングとテキストからなる全く異なる宇宙で、それは、潜在意識の中で作られた作品につながっています。
アイデアは私の頭の中で写真のように思い浮かぶことがよくありますが、私の目的は、基本的に受け取ったエネルギーを素材に処理するためにカタチあるものにすることだと感じています。


流木はアイスランドの北にあります。
私は毎年、夏に家族と一緒にそこに行きます。
ただ自然と融合しながら瞑想状態でビーチの周りをぶらぶらと歩き回ります。
流木はもはやアイスランドに来ていないのですが素材の背後にある魔法はとても素晴らしく、私が使う小さな断片が姿を現します。
それはまさに宇宙に対する大きな信頼のプロセスで、行くたびにビーチでどのような素材が待っているのかはわかりません。
時々、私は実際に流木を見つけたのかそれともその逆で流木が私を見つけたのか不思議に思います。
後者はとにかくよりロマンチックに聞こえますが、波のチカラ、そして、地球の70%を覆うこの水の背後にある謎、海という驚くべき自然のチカラで素材と私を直接、結びつけます。

こんな言葉を聞いたことがあります。

「個々のアーティストにとって最も個人的な作品は、人々に最も愛される傾向にある。」
その言葉は、深く私に突き刺さり、人は自分がしていることや作っているものに情熱と信念を持っている必要がある。という考えに至らせてくれました。
したがって、私の作品は私自身のちょっとした肖像画です。それは、行動、振る舞い、人、場所、自然そして、感情を反映しています。
自分がしていることに興味や情熱がなかったら、それは何かを作るにしても本当に意味がないことです。

  • Helga Mogensen
  • Helga Mogensen
 
 

Bio

Helga Mogensen lives in Reykjavik, Iceland. She graduated in 2007 with a degree in Jewellery and Silversmithing from Edinburgh College of Art in Scotland. Her main focus is her connection with nature and the materials that show up for the process, driftwood and found wood being the main materials. Helga has been exhibiting her work both in Iceland and abroad since graduating.

ヘルガ・モーゲンセンはアイスランドのレイキャビックに住むジュエリーアーティストです。彼女は2007年にスコットランドのエジンバラ芸術大学でジュエリーと銀細工の学位を取得し、卒業しました。 彼女は主に自然との繋がりとその営みの中で生まれる流木に焦点をあて、作品を制作しています。

そして、学校を卒業して以来、アイスランドと海外の両方で作品を展示しています。